本文へ移動

【阪神】佐藤輝明7号ソロで新人記録更新に王手だZ‼4月7発は村田修一と並び最多「良い感じで打てた」

2021年4月27日 22時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇27日 中日2―1阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 阪神ドラフト1位ルーキーの佐藤輝明右翼手(22)=近大=が、新人記録の更新に王手をかけた。2回、大野雄から先制7号ソロ。ドラフト制以降の新人が4月末までに7本塁打を放つのは2003年の村田修一内野手(当時横浜)以来で、歴代最多に並んだ。
 「高めに浮いてきた甘い球だったので、それを一発で打てたことは良かったと思います」。飛距離は125メートル。手応えを聞かれ、「はい、良い感じで打てました」と振り返った。
 2度目の2試合連続アーチで、村田超えも可能性十分。「そこについては特に意識はないですけど、もっと打って、チームの勝ちにつながる1本を打っていけるように頑張ります」と、どん欲な佐藤輝。矢野監督は「失投を見逃さずにというね。ヒットじゃなくて、本塁打にできるのは魅力だよね」と話した。

2回表2死、先制ソロを放ち、本塁でガッツポーズする阪神・佐藤輝

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ