本文へ移動

【阪神】佐藤輝明のソロのみ…3連勝逃した矢野燿大監督「テンポよくいかれる状態になってしまった」

2021年4月27日 22時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇27日 中日2―1阪神(バンテリンドームナゴヤ)
 阪神は大野雄を崩せず、3連勝を逃した。矢野燿大監督(52)は「きょうは点を取れなかったというのに尽きると思います」と悔しそうに話した。
 監督1年目の2019年にはノーヒットノーランを喫した敵地。ドラフト1位ルーキーの佐藤輝明右翼手(22)=近大=の7号ソロで先制したものの、追加点が奪えずに逆転を許した。
 「ヒット、ヒットはそんなに続かないんでね。そういうところではヒットでランナー出るのもそうやし、1球でも多く投げさせるのもそうやし。テンポよくいかれる状態になってしまったんで。リズムがね。1点こっちが取っていたけど、なかなかこっちの感じにリズム持っていけなかったんで」と振り返った。

試合前の練習で言葉を交わす矢野監督(右)と井上ヘッドコーチ

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ