本文へ移動

ベルギー1部シントトロイデン経営『DMM』がJ1福岡の経営参画へ…一部株式取得「日本と欧州、アジアをつなぐ」

2021年4月27日 19時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アビスパ福岡のロゴ

アビスパ福岡のロゴ

 サッカー・ベルギー1部リーグのシントトロイデンを経営する「DMM.com」が27日、J1福岡の第三者割当増資で発行する一部株式を取得したと発表した。株式取得は3月29日付。出資額、株式比率は非公表。2月1日から福岡のエグゼクティブ・アドバイザーを務めているシントトロイデンの立石敬之CEOに加え、DMMの村中悠介COOが取締役、同社の緒方悠・執行役員が顧問に就任し、同クラブの経営に参画する。
 ビジネス、競技の両面で関係性を深め、両クラブのメリットを最大化するのが狙い。村中取締役は「日本と欧州、アジアをフットボールを介してつなげ、新たなことをやっていきたい」と抱負を語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ