本文へ移動

「もう彼女の大ファン!」鈴木京香がNHK大河『鎌倉殿の13人』丹後局役に 当初は知らなかったけど…

2021年4月27日 17時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木京香

鈴木京香

  • 鈴木京香
  • 田中泯
  • 江口のりこ
  • 八嶋智人
  • 佐藤B作
  NHKは27日、2022年放送の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(三谷幸喜さん脚本)の第3次出演者5人を公式ツイッターで発表した。女優の鈴木京香(52)が後白河法皇に愛された丹後局役を演じる。オファー当初は丹後局を知らなかったという鈴木は「その時代には珍しく政治に積極的に関わった女性だと知りました。今はもう彼女の大ファンです!」とコメントした。
 また、奥州の覇者の藤原秀衡を舞踊家で俳優の田中泯(76)、源頼朝の愛人・亀を女優の江口のりこ(40)、甲斐源氏の棟梁(とうりょう)・武田信義役を俳優の八嶋智人(50)、三浦党の総領・三浦義澄役を俳優の佐藤B作(72)が演じる。
 八嶋は「猛者中の猛者を演じるのだから、メガネを捨て挑みます」、佐藤は「三谷くんから商店街のオヤジのように演じてくださいというアドバイスをいただきましたので、楽しんで演じられそうでワクワクしています!!!」とそれぞれコメントした。主役の北条義時は俳優の小栗旬(38)が演じる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ