本文へ移動

五輪バイト、こっそり!?がっつり!?募集中 ボランティア辞退影響か

2021年4月27日 05時00分 (4月27日 05時01分更新)
「大規模なスポーツイベント 会場案内スタッフを大量募集!!」と書かれたアルバイト募集情報のページ

「大規模なスポーツイベント 会場案内スタッフを大量募集!!」と書かれたアルバイト募集情報のページ

  • 「大規模なスポーツイベント 会場案内スタッフを大量募集!!」と書かれたアルバイト募集情報のページ
  • 国立競技場(右)と東京体育館=東京都で、本社ヘリ「おおづる」から
  • 東京五輪のボランティア説明会で、面談を受ける人たち=2019年、名古屋市中区の愛知県自治研修所で
 「大規模スポーツ大会★歴史を作る仕事をしよう」「とにかく超大量募集です」−。今、ネットにこんな求人広告があふれている。大会名は示さず、募集している会社に聞いても口は重い。だがバイトの期間、仕事内容からみて五輪、パラリンピック関連としか思えない。二十五日には東京など四都府県に三度目の緊急事態宣言が発令されるなど、コロナ禍が収まる気配はない。ボランティアの辞退が相次いでいるのだろうか。(大平樹、中山岳)

◆検温、誘導…

 「【激レア求人】夏の一大スポーツイベント運営staff」「経験・スキル・知識不問 大量募集の今がチャンス!」
 インターネットの大手求人サイトを見ると、こんなスタッフ募集がずらりと並んでいる。ざっと見て百件以上。募る会社もさまざまだ。共通するのは七〜九月の「世界的スポーツイベント」。「五千人の大量募集」や「一生に一度の思い出」をうたう求人もある。
 仕事の内容は、来場者の検温や誘導、チケットのもぎり、食堂運営など幅広い。「未経験の方でもできる簡単なお仕事」というのに、時給は千四百〜二千円と気前が良い。
 働く場所は国立競技場など五輪会場ばかり。そもそも今夏の世界的スポーツイベント...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

特報の新着

記事一覧