本文へ移動

仮想「こにゃん市」市長選に幕 湖南市の動物愛護に貢献

2021年4月26日 05時00分 (4月26日 16時29分更新)
三雲城址のイベントに「公務」で出席した最後のこにゃん市長の白水=湖南市で(同市観光協会提供)

三雲城址のイベントに「公務」で出席した最後のこにゃん市長の白水=湖南市で(同市観光協会提供)

  • 三雲城址のイベントに「公務」で出席した最後のこにゃん市長の白水=湖南市で(同市観光協会提供)
  • 同観光協が運営する「こにゃん市」HPでは歴代市長や選挙結果を紹介している
 湖南市の動物愛護と観光PRを目的にしたインターネット上の仮想都市「こにゃん市」の任期満了に伴う市長選は、現職の第十代の雄犬、白水(いずみ)を最後に終了することが決まった。選管の湖南市観光協会によると、新型コロナウイルス禍で任期中の一年間、ほぼ「公務」の機会がなかったほか、目標としていた動物愛護の啓発に一定の成果があったことを受けた。 (島将之)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報