本文へ移動

【富山】海王丸 縦帆のみ 密避け 総帆見送り

2021年4月26日 05時00分 (4月26日 10時32分更新)

感染対策として、縦帆のみ張った帆船海王丸=射水市の海王丸パークで

 射水市の海王丸パーク内にある帆船海王丸は二十五日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、二十九枚すべての帆を張る総帆展帆(そうはんてんぱん)は実施せず、縦帆(じゅうはん)十一枚のみを展帆した。
 同日が本年度最初の総帆展帆の実施日だったが、総帆展帆をする場合は、ボランティア約七十人が密集、密接する状態で作業しなければならず、同パークを運営する伏木富山港・海王丸財団がコロナ禍では作業が困難と判断した。その代わりに、職員八人が縦帆を張った。
 総帆展帆は年間十回を予定しているが。五月三日の予定日も縦帆展帆にする。
 同財団によると、五月二〜五日に計画している連休向けの催しは予定通り開催するという。 (武田寛史)

関連キーワード

PR情報

北陸写真ニュースの新着

記事一覧