本文へ移動

【河村さん共同インタビュー】「市民のみなさんはようわかっとってくれた」

2021年4月25日 23時30分 (4月26日 00時07分更新)
名古屋市長選で当選が確実となり、喜ぶ河村たかし氏=名古屋市東区で

名古屋市長選で当選が確実となり、喜ぶ河村たかし氏=名古屋市東区で

 ―あらためて選挙結果をどう受け止め、4年間どう市政運営するか。
 ゼロからやっとるでね、ワシこれ、本当に。それから考えると、零細企業の息子をこんだけ育ててくれたと、名古屋の皆さんにはサンキューベリーマッチ、ありがとうということですね。零細企業やってきましたから、日本にはびこる士農工商社会、税金上げることしか考えとらん。減税をする社会つくっていく。政治をやっとるものは市民並み給与でがんばると。それが嫌ならやめろっちゅうの本当に。ほんなもんで今回、河村たかしさん対自公民共産だがや。反河村。いろんな組織もみんな。リコールについては報道がちょっと悪かったよ、と思います。でも市民のみなさんはようわかっとってくれたと思います。サンキューベリマッチ。ちゃんと誠実にうそ言わずに続ければ市民の皆さんはきちっとわかってくれる。
 ―コロナ対策、リコール問題が争点となった。どう受け止める。
 
 コロナは名古屋の対策日本一です。現実にコロナ患者ぐんと少ないですから。これは保健所の地をはう努力。ワクチンはしっかりやりますで。できたら近所の開業医さんとこに連絡したってちょう。電話集中しとることも確かだけど、125本でやりましたけど、それでも少ないですけど。保健所には大変ご苦労かけるけど、本当の地をはう伝統的な方法、こつこつと感染源を追ってく作業をなおさらつづけていく。こういうときだから、感染源わからないからできないじゃないんですよ。ABCわからなければABC調査すればいいんです。そういうことを続けていくと。ワクチンはちゃんと7月中に100万接種できますんで。はよ連絡したいという方は近所の開業医さんに連絡してちょ。OKになってますから。血圧、血糖値も相談もできるから安心ですよ。
 ―署名の偽造問題は。
 あんなの私は全然関係にゃーし、リコールをやってくゆうことは大変重要なことだったんですよ。公共事業で名古屋市と愛知県民の税金使って、国も使いましたけど、名古屋市、愛知県主催で、天皇陛下の肖像をバーナーで燃やして足で踏んづけると。それを隠して出すようなことやっちゃいけない。マスコミも何をやっとんだ。公共事業ですよ。もし表現の自由というなら、大村さんは、自分の金で、自分で主催して、自分の契約した画廊でやりなさいよ。それは表現の自由ですよ。私はこれで名古屋市民、愛知県民の税金と名誉を守ったんです。
 その中に、偽造するなんて。河村が全然知らなかったと証明する一番大きいのは、内部の人間が言っとったこと、あの名簿を河村さんはずっと残していこうと言っていたと。最後まで。数字が集まらんでも2回目やりゃよかったわけですよ、リコールを。大村氏が独断で独裁でやるんだったら。河村さんは名簿を焼却しよう言わんかったんですよ。それで河村さんが関与していなかったのがよう分かる動かぬ証拠だと言っていましたよ。知っとったら名簿を残そうなんていうわけないじゃないの、あほらしい。
 なんか間違っていたんじゃないの。表現の自由だ言うならそう言ったらええ。やっぱりね、主張するところは主張せな。名古屋市長として、市民の税金3300万円つぎ込ませるわけにはいかん。大村さんは自分の金で自分が主催してどっかの画廊でやりなさいと。そういうことですよ。
PR情報

リコール署名偽造の新着

記事一覧