本文へ移動

ビックカメラ先発の藤田倭「取材してほしくないくらいの内容。ボール荒れていた」と嘆き【女子ソフト】

2021年4月25日 17時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤田倭

藤田倭

◇25日 日本女子ソフトボールリーグ第4節 ビッグカメラ2ー1トヨタ自動車(愛知県豊田市・豊田市運動公園野球場)
 ビックカメラ先発の藤田倭(30)は4イニング1失点で降板。同じ五輪代表の後藤との投げ合いが試合途中で終わる形となり「取材してほしくないくらいの内容。ボールが荒れていた」と嘆いた。強打でも鳴らすが、後藤の前に3打数無安打。「あの年齢の時の自分は後藤の足元にもおよばない。すごい投手になる」と賛辞を贈った。
 右脇腹の肉離れで離脱しているエースの上野由岐子は、試合中に投球練習した。岩渕有美監督は「まだ調整段階。いつ試合に復帰できるかはわからない」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ