本文へ移動

ひろゆき氏「政府に強権を渡すしかない」 感染拡大防止へ、個人の努力には限界と持論…太田光は反発「俺は嫌だな」

2021年4月25日 12時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ひろゆき氏

ひろゆき氏

 インターネット掲示板「2ちゃんねる」を立ち上げた実業家ひろゆきさん(44)が25日、TBSテレビの情報番組「サンデー・ジャポン」に出演。新型コロナウイルス感染拡大をとどめるには、「政府に強権を渡すしかやり方はないんですね。個人ががんばりましょう、個人が悪いという方向にするのは僕は間違っていると思う」と語った。
 ひろゆきさんは「個人ががんばって解決した国は今のところないんですよ。欧州ががんばりましょう、だめでした、となった。シンガポール、香港、中国、台湾は、(政府が)個人の権利を制限して、外に出ちゃいけませんよとか、外に出る時には、必ずスマホで位置情報を記録してくださいとやって抑えられている。ニュージーランドやオーストラリアには外国人は入れない」と各国の対応を説明。
 「個人ががんばってなんとかできた国はほぼないので、政府に強権を渡すしかやり方はない」と日本にもリーダーシップを求めた。
 これを受け、司会のお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光は「個人が悪いんじゃないけれど、国の権力を高めようというのは俺は嫌だな。コントロールできていないといっても、1年間、暴動も起きずにちゃんとやっている。日本人は自分で考えてコントロールしてきた」と異議を唱えた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ