本文へ移動

チーム最多タイ6号ソロの大谷翔平 8回からは左翼守る メジャーで初めて投手以外の守備に

2021年4月25日 12時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アストロズ戦の3回に本塁打を放ち、生還するエンゼルス・大谷翔平(AP)

アストロズ戦の3回に本塁打を放ち、生還するエンゼルス・大谷翔平(AP)

◇24日 アストロズ16―2エンゼルス(ヒューストン)
 エンゼルスの大谷翔平選手(26)はアストロズ戦に「2番・指名打者(DH)」で先発。6号ソロを放つと、8回からはDHを解除して左翼を守り、メジャーで初めて投手以外の守備に就いた。4打数1安打、1打点。試合はエンゼルスが2―16で大敗し、4連敗。
 3回の第2打席。左腕エマニュエルの真ん中に入った92マイル(約148キロ)シンカーを振り抜いた打球は、中堅左へ。399フィート(約122メートル)と記したフェンスを軽々と越える、飛距離413フィート(約126メートル)の一発は、同僚の“現役最強打者”トラウトと並ぶチーム最多の6号ソロとなった。
 打球初速は108・3マイル(約174キロ)。米スポーツサイト、ジ・アスレチックのアルダヤ記者によれば、これで今季の大谷は同105マイル(約169キロ)以上が18試合(76打席)で16本。昨季は44試合(175打席)で15本。昨年の半分以下の打席数でこれを超えた計算になる。一発でも5月の声を聞く前に、昨季の7本塁打にリーチをかけた。
 これでメジャー通算53本塁打。投手では80奪三振(K)をマークしており、大リーグ公式サイトによれば「50本塁打以上、かつ80K」は、制球難のため途中から打者に転向したリック・アンキール(元カージナルス=76本塁打、269K)以来8年ぶり8人目となった。この中には、ベーブ・ルース(元ヤンキース=714本塁打、488K)も含まれている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ