本文へ移動

東海学園大のアンダースロー右腕・山田 延長11回まで投げ抜くも力尽く【愛知大学野球】

2021年4月24日 21時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
延長11回に力尽きた東海学園大の山田恭輔投手

延長11回に力尽きた東海学園大の山田恭輔投手

◇24日 愛知大学野球第4週・第1日 名城大2―1東海学園大(熱田愛知時計120スタジアム)
 東海学園大のアンダースロー右腕・山田は延長11回に力尽きた。緩急を使い、ストライクゾーンの四隅を丁寧に突く投球で凡打の山を築き、延長10回までわずか111球の省エネ投球。10イニング3分の0を2失点に抑える好投も、最後はサヨナラ負けを喫した。
 それでも「課題にしていた左打者を抑えられたのはよかったです」と大一番での初戦先発で収穫も手にした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ