本文へ移動

【ボクシング】比嘉大吾 挑戦者の西田凌佑に判定負け WBOアジアパシフィック・バンタム級

2021年4月24日 20時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
比嘉大吾

比嘉大吾

 ボクシングのWBOアジアパシフィック・バンタム級タイトルマッチが24日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで行われ、王者の比嘉大吾(25)=Ambition=が挑戦者の西田凌佑(24)=六島=に12回判定0―3で敗れた。
 元WBCフライ級王者で沖縄・浦添市出身の比嘉は2018年2月の同級防衛戦以来の沖縄での試合。試合前のスパーリングからスランプに苦しんでいたことに加え、スーパーバンタム級を主戦場とする挑戦者との体格差も埋めきれず、6~8ポイント差で敗れた。これで通算成績は17勝(全KO)2敗1分け。
 挑戦者の西田は4勝(1KO)で、4戦目での地域タイトル獲得は日本歴代最速タイとなった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ