本文へ移動

落語家 登龍亭幸福さん

2021年4月25日 05時00分 (4月25日 05時00分更新)
登龍亭幸福さん

登龍亭幸福さん

 物理、数学が得意だったので大学は理学部に進みました。大学院になると、テキストの大半が苦手な英語になり、辞める決心をしました。発明家のドクター中松さんが、ラジオで社員を募集していると話しているのを聞き、東京のドクター中松総合研究所(当時)に入社。特許出願のお手伝いをしていました。
 そんな時、二歳上の次兄に誘われて落語会へ行きました。そこに出演していた立川談志師匠がかっこよくて、落語うんぬんより、談志その人のファンになり、会社を辞めて彼の弟子になろうと決めました。
 父は岐阜県で化学繊維のリサイクル会社を経営する傍ら、地元の少年野球の世話役を務めており、(中日ドラゴンズ元監督の)高木守道さんとも親交がありました。私が大学を辞めた時も、談志師匠に入門した時も、父は小言めいたことは一切言いませんでした。むしろ落語家になったことを喜んでいるふしがありました。コロナ禍以前は、私が出演している名古屋の大須演芸場に月一回必ず足を運んでくれていました。母は演芸場には来ませんが、入門時に師匠と親とが面談する必要があった際は「私が行く」と言ってくれました。
 苦しかったのは、二〇〇二年に談志師匠から破門を言い...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報