本文へ移動

森山愛子「心も体も密になってお届けできるコンサートが早く…」3年ぶりファンの前で生歌

2021年4月23日 20時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
久しぶりのコンサートで熱唱する森山愛子

久しぶりのコンサートで熱唱する森山愛子

 演歌歌手の森山愛子(36)が23日、東京都内で3年ぶりとなるコンサートを開き、約100人のファンに生の歌声を届けた。
 コロナの影響もあり、本格的なコンサートは2018年夏の15周年記念コンサート以来になった。久しぶりのステージでは、ご当地ソング三部作の「会津追分」「尾曳の渡し」「伊吹おろし」や、あこがれの先輩たちが歌った「ひばりの佐渡情話」「瑠璃色の地球」などの名曲を披露。ファンの前で歌える喜びをかみしめながら、全31曲の熱唱で客席から大きな拍手を受けた。
 この日はコロナ感染防止対策から入場者を半数にして実施。森山は「もうすぐ緊急事態宣言も出るという中で、コンサートができてほっとしました。心も体も密になってお届けできるコンサートが早くできれば」と話していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ