本文へ移動

没後1400年「聖徳太子絵伝」復元へ 近江八幡・観音正寺

2021年4月23日 05時00分 (4月23日 17時02分更新)
公開された聖徳太子絵伝の下絵(右側)と写真パネル=近江八幡市安土町石寺の観音正寺で

公開された聖徳太子絵伝の下絵(右側)と写真パネル=近江八幡市安土町石寺の観音正寺で

 聖徳太子の創建と伝わる近江八幡市安土町石寺の西国第三十二番札所・観音正寺が、かつて所蔵していた太子の生涯を描いた四幅の掛け軸「聖徳太子絵伝」の復元を計画している。毎年一幅ずつ進める予定。復元終了後の二〇二六年には新たに五幅目として、東近江地域ゆかりの太子伝説の絵伝を作り、公開を目指す。(松瀬晴行)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

滋賀の新着

記事一覧