本文へ移動

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」グッズで若者に献血PR

2021年4月23日 05時00分 (5月4日 11時35分更新)
献血協力者に渡すグッズを紹介する県赤十字血液センター職員=岐阜市の同センターで

献血協力者に渡すグッズを紹介する県赤十字血液センター職員=岐阜市の同センターで

 県内各地で献血を行う県赤十字血液センター(岐阜市)が、若者の関心を高めようと、人気アニメのキャラクターグッズを協力者に配るキャンペーンを始めるなど血液の確保に知恵を絞っている。コロナ禍が献血にも影響しており、担当者は「短期間しか保管できない血液は毎日の協力が必要。一人でも多くの方にご協力いただけたら」と呼び掛ける。 (長屋文太)
 アニメは、岐阜市出身の作家二丸修一さんのライトノベルが原作の「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」。四月にテレビ放映が始まり、人気となっている。
 登場キャラクターをあしらったクリアファイルやしおり、ポスターを希望者に配布。ファイルの絵は、主人公の男子高校生らがアニメの設定にはない大正時代風の学生服姿で「献血のすゝめ」と書かれた教科書を持つ“レア物”だ。
 センターによると、コロナ禍でショッピングセンターや企業等に献血バスを派遣する機会が減少。新型コロナウイルスの感染が拡大した二〇二〇年度の県内の移動バスでの献血者数は三万五千九百人と、一九年度と比べ約二千人減少。全国でも関東地方などで計画量に届かず、他地域から融通したケースもあったという。例年、四月は協力者が減る...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報