本文へ移動

少数派の早大卒36歳・中島徹が首位に2打差滑りだし【男子ゴルフ】

2021年4月23日 06時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アドレス時の目線を修正して好スタート切った中島

アドレス時の目線を修正して好スタート切った中島

◇22日 国内男子ゴルフ 関西オープン第1日(神戸市、有馬ロイヤルGC)
 ゴルフ界では少数派の早大卒で36歳の中島徹(信濃GC)が首位に2打差で滑りだした。前週も初日5位で注目されたが、その後に失速して53位。ただ、スタートダッシュがいいのは仲間内でも知られており「これが持ち味。飛び出す分にはいい」とうれしそう。昨年は出場した全5試合で予選落ち。ジュニア時代のコーチに見てもらい、アドレス時の目線が日ごとにずれないよう修正したという。「いつか、びしっと来る時があるはず」と好調が続く日が来ることを信じている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ