本文へ移動

【中日】木下拓9回2死 執念の内野安打で決勝点呼び込む「なんとか自分で終わらないように」

2021年4月22日 21時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表2死一塁、木下拓が内野安打を放つ

9回表2死一塁、木下拓が内野安打を放つ

◇22日 DeNA0―1中日(横浜)
 木下拓が執念の内野安打で決勝点を呼び込んだ。9回2死一塁からDeNA・三嶋の6球目、外角ストレートに食らい付き、一塁へ激走。横っ跳びで捕球した相手遊撃手の一塁送球がバウンドして体にぶつかり、右翼方向へと転がる間に一走・高松が生還した。木下拓は「なんとか自分で終わらないように、と思ってやっていた。いい所に飛んでくれたことと、やっぱり高松の走塁が素晴らしかったと思う」と振り返った。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ