本文へ移動

坂口健太郎 BTSとの交流語る 主演映画「劇場版シグナル」舞台あいさつ

2021年4月22日 18時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「劇場版シグナル」の舞台あいさつをした坂口健太郎

「劇場版シグナル」の舞台あいさつをした坂口健太郎

 俳優の坂口健太郎(29)が主演を務めた映画「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」(橋本一監督)の舞台あいさつが21日、東京都内で行われた。
 2018年4月期にフジテレビ系で放送された連続ドラマを映画化。坂口はドラマに続き、劇場版でも主題歌を担当した韓国のダンス&ボーカルグループ「BTS」との交流について明かした。
 「仕事で韓国で行った時に会ったことがあった。J―HOPEとご飯を食べました。韓国の家庭料理に近いものかな」
 この日は、劇場版の主題歌「Film out」のミュージックビデオ(MV)の映像もスクリーンに映された。また、やり直したいことを問われると「銃って重いんです。腕がぷるぷる震えた」と苦戦したシーンを挙げた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ