本文へ移動

ファイザー「日本とは協議中」 ワクチン追加供給、河野氏「契約まだ」

2021年4月21日 05時00分 (4月21日 05時01分更新)
 米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は十九日、新型コロナウイルスワクチンを年内に欧州連合(EU)へ追加供給することで合意したとツイッターで明らかにした。一方、日本については、菅義偉首相と電話協議した十七日時点の「協議中」から更新せず、首相が説明する九月までの供給に触れていない。 (ワシントン・吉田通夫、生島章弘)
 ブーラ氏によると、ファイザーはEUには年内に一億回分のワクチンを追加供給。これまでの契約と合わせて計六億回分になるという。すでに必要なワクチン接種をほとんど終えているイスラエルとは来年に数百万回分を供給し、さらに数百万回分を追加するオプション付きで契約を結んだ。
 首相は訪米中の十七日、ブーラ氏に電話で追加供給を要請。帰国後には十六歳以上の国民全員分が「九月までに供給されるめどが立った」と説明した。だがブーラ氏は十七日にツイッターで「(首相とは)追加供給について協議し、安全な東京五輪への期待を伝えた」と書き込んで以降、日本に関して更新していない。
 二十日の衆院本会議で、立憲民主党の緑川貴士氏は、ブーラ氏から追加供給の確約を得たのかと質問。首相は「詳...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

政治の新着

記事一覧