本文へ移動

瓜生正義、SG10冠の底力見せつけ会心勝利 2日目は絶好の1号艇で視界良好【ボート・マスターズチャンピオン】

2021年4月20日 21時36分

このエントリーをはてなブックマークに追加
初日ドリームを制した瓜生正義

初日ドリームを制した瓜生正義

◇20日 下関ボート・プレミアムG1「第22回マスターズチャンピオン」初日
 初日のメイン12Rドリーム戦は、2コースから鋭く差した瓜生正義(45)=福岡=が、インの守田俊介を2周1Mで振り切って会心のゴール。SGタイトル10冠を誇る底力を初めてのマスターズの舞台でも、まざまざと見せつけた。
 前検から一番時計タイをマークするなど気配を見せていた19号機。「回転は合っていないが、伸びはまあまあいい方。ターン回りと出足は回転を合わせないと来ないと思うので微調整はしていく。エンジンはしっかりしていると思う」と納得。2日目は2走で後半12Rは絶好の1号艇。開幕ダッシュへ視界は良好だ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ