本文へ移動

【FC東京】長谷川監督“ニンジン作戦”ルヴァン杯大分戦で活躍した選手にJ1鳥栖戦先発チケット!

2021年4月20日 21時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
長谷川監督

長谷川監督

 FC東京の長谷川健太監督(55)が20日、東京・小平グラウンドでの練習後にオンライン取材に応じ、21日のルヴァンカップ1次リーグ大分戦(昭和電ド)では新たな戦力の台頭を期待。指揮官の合格印が与えられた選手には、中2日となるJ1・鳥栖戦(24日・味スタ)での先発チケットという“特典”も示唆した。
  ◇   ◇
 リーグ戦で今季初の連敗を喫し、乗り切れない戦いが続く。長谷川監督が求めるのは、起爆剤となる選手の台頭だ。「ルヴァン・カップできっかけをつかむ選手がいれば、(鳥栖戦は)中2日だが、スライドを考えていきたい」
 1次リーグは2回戦総当たりで各組上位2チームが決勝トーナメントに進出する。2戦2勝の東京は現時点でB組首位。多少の余裕がある状況だからこそ、リーグ戦を見据えて有意義な戦いをするチャンスでもある。
 21日は多くのメンバー変更が予想され、リーグ戦の先発を懸けたアピール合戦となる。注目は、中村帆が右半月板損傷で全治約6カ月の離脱となり、長谷川監督も「頭が痛い」という右サイドバック(SB)だ。
 本職の中村拓がいるとはいえ、タイトな日程を考えると「1人では回らない」。17日の福岡戦では本職がセンターバックの岡崎を右SBで起用したが、「岡崎もコンバートして使っていきたい。それでも適任が見つからないと、他から回さないといけない」と頭を悩ませる。
 すでに蓮川や内田も練習ではテスト済み。「誰が適任かは探っていく必要がある」という指揮官のお眼鏡にかなう選手は出現するのか。大分戦のピッチには、リーグ戦先発のチケットが転がっている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ