本文へ移動

今垣光太郎、大幅部品交換で気配一変!3連単万舟券の波乱を2度演出【ボート・マスターズチャンピオン】

2021年4月20日 20時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
今垣光太郎

今垣光太郎

 ◇20日下関ボート・プレミアムG1「第22回マスターズチャンピオン」初日
 いきなりの大幅な部品交換で気配を一変させた。「(直線で)下がってるのでペラとギアをやって、本体もします」と前検日に話していた今垣光太郎(51)=福井=は、予告通りピストン2個、リング4本、シリンダーケース、ギアケースを交換する大整備を施して前半4Rへ。その効果はさっそく表れ、6秒71とメンバー中最速の展示タイムをマークし、レースでは大外6コースからブイ際を突いて1Mは4、5番手。それでもバックストレッチで力強く伸び、2Mを巧みにさばき3番手に浮上し、3連単万舟券の立役者となった。
 続く3号艇の8Rは前付けに動いた赤岩善生を入れて4カドへ。気迫十分のコンマ08のトップSを決めてまくり切り、再び3連単万舟券の波乱を演出した。
 レース後は「前検に比べると、だいぶ上積みができました」と切り出し「前半は重くて差せる感じじゃなかったです」と振り返ったものの、後半は「追い風と冷えて回ってくれたのでぎりぎり伸びました。この足をキープしたいですね」と上昇度を強調した。
 今年は2月の近畿地区選で優出3着、3月の三国周年でも優出3着など近況のリズムは上々で、今シリーズも(3)(1)着と好スタートが決まった。オール3連対で優勝した2年前の宮島大会に続く2度目の“名人位”へV戦線を突き進む。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ