本文へ移動

日本1%、接種率なぜ低い? ワクチン、在日外国人が母国と比較

2021年4月20日 05時00分 (4月20日 05時01分更新)
 欧米などより大幅に遅れている日本の新型コロナウイルスのワクチン接種。医療従事者や高齢者の接種開始が大きく報じられたが、少なくとも一回接種した人はわずか1%ほどだ。五割も六割も済ませている国々とはまさに桁違いだが、一体何が異なるのか? 日本で暮らす外国人に事情を聴いてみた。(古川雅和、中沢佳子)
 「ブータンでは親も友人もワクチンを打ち終わった。強制的に接種していて、どうしても打ちたくない人は書類を書かなければいけないそうです」
 英オックスフォード大の研究者らがつくるデータベース「アワー・ワールド・イン・データ(OWID)」で、既に62%が十七日時点の調査で接種しているブータン。同国出身で、愛知県豊田市でレストランを経営するヤンゾン・ディッキーさん(40)が同国の事情を教えてくれた。インドが中国に対抗してブータンへの影響力を強めようとワクチンを無償提供したとみられており、接種を強力に進める姿勢がうかがえる。
 自国にいればワクチンは接種済みだったかもしれないディッキーさんだが、日本で住民登録している外国人は、日本人と同じように医療従事者、高齢者、一般の順に接種を受けることになる。「順番が回...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

特報の新着

記事一覧