本文へ移動

河村氏優勢、横井氏追う 本紙世論調査、4割が投票先未定

2021年4月20日 05時00分 (4月20日 08時47分更新)
 
 二十五日投開票の名古屋市長選で、中日新聞社は有権者を対象に世論調査を行った。取材を加味した中盤情勢は、四期目を目指す現職河村たかし氏(72)=減税日本推薦=が優勢で、元市議会議長の新人横井利明氏(59)=自民、立民、公明、国民推薦=が追う展開となっている。四割近い人が誰に投票するか決めておらず、情勢が変化する可能性はある。
 選挙戦は河村、横井両氏による事実上の一騎打ち。高い知名度を誇る河村氏個人の集票力と、横井氏を支援する各党の組織力の戦いになっている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

名古屋市長選2021の新着

記事一覧