本文へ移動

里山の魅力、冊子に満載 藤枝の元地域おこし協力隊・石川さん作成

2021年4月20日 05時00分 (4月20日 05時01分更新)
市内の中山間地域のガイド本を作成した元地域おこし協力隊員の石川紗彩さん=藤枝市で

市内の中山間地域のガイド本を作成した元地域おこし協力隊員の石川紗彩さん=藤枝市で

 藤枝市の元地域おこし協力隊員の石川紗彩さん(24)が、市内の中山間地域の食や体験、名所、イベントを紹介した観光ガイド本「里山巡り」を作成した。石川さんは大学卒業直後から協力隊に採用され、中山間地域のイベントを企画、運営するなどしていたが、三月末で三年の任期を終えた。「活動の集大成なので手に取って見てほしい」と話す。 (大橋貴史)
 石川さんは富士宮市出身。静岡産業大(藤枝市)に通い、ボランティアで中山間地域のイベントに携わった。「せっかく面白い企画なのに人が来ない」と、大学で学んでいたデザインの技術を生かして里山の魅力を発信することを考え、協力隊に応募した。
 ガイド本は、近隣市町から観光地として認知度を高めるため、カメラ女子旅、夏の家族、田舎体験など、石川さんイチオシの観光コースを紹介。写真をふんだんに使い、見どころを分かりやすくした。SNS(会員制交流サイト)の「インスタグラム」とも連動し、スマートフォンからでも内容を確認できる。
 B5判とほぼ同じサイズで、全三十二ページ。市観光案内所、岡部総合案内所、藤の瀬会館などで配布している。無料。二千部を用意している。
 石川さんは「市内の人で...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報