本文へ移動

回り道して見えたものは 芸大卒の和菓子職人

2021年4月19日 16時00分 (4月19日 16時00分更新)
真剣な表情で和菓子と向き合う石川未紗さん=愛知県豊橋市で

真剣な表情で和菓子と向き合う石川未紗さん=愛知県豊橋市で

  • 真剣な表情で和菓子と向き合う石川未紗さん=愛知県豊橋市で
  • 石川さんがこれまでに手掛けてきた上生菓子。写真映えするデザインが顧客の心をつかむ=
愛知県豊橋市で
 愛知県豊橋市の老舗和菓子店で、難病を抱えながら、毎月、店の看板商品「上生菓子」を開発し続けている職人がいる。芸術大卒という異色の経歴を持つ石川未紗さん(34)だ。病気で一般企業を退職後、父と同じ店に再就職。写真映えする商品づくりを任される立場となった。「和菓子をもっと身近な存在にしたい」と新境地開拓に向けて挑戦している。 (酒井博章、写真も)
 あんこを炊く甘い香りが漂う豊橋市南小池町の「お亀堂」本社工場。石川さんは五月発売予定の新作に取り組んでいた。端午の節句に合わせたこいのぼり形で、目と小さな胸びれにようかんを使い、愛らしいデザインながら細部までつくり込んだ。「目がかわいくて良い」。試作品を見ながら、満足げにうなずいた。
 父の行人さん(65)もお亀堂で働く職人だが、幼少期は「和菓子職人にだけはなりたくない」と思っていた。保存料を使わない昔ながらの製法を守る店では、日の出前から作業するのが習慣。「お盆も店の繁忙期だから、休みも取れない。父を尊敬していたが、同じお菓子なら『ケーキ屋の子どもが良かった』とも思っていた」と言う。
 名古屋芸術大(愛知県北名古屋市)のテキスタイルデザインコース...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報