本文へ移動

<福井掘れ惚れ> 若狭のLINE相談運営団体、悩みは資金難と人材不足

2021年4月19日 05時00分 (4月19日 15時29分更新)
つぶやきルームの成果と課題を話す須磨さん=若狭町で

つぶやきルームの成果と課題を話す須磨さん=若狭町で

  • つぶやきルームの成果と課題を話す須磨さん=若狭町で
  • withふくいが開設した「つぶやきルーム」のメッセージ
 子どもの居場所づくりをする市民団体「withふくい」(若狭町)が始めたLINEでの相談「つぶやきルーム」に多くの相談が寄せられている。昨年四月の開設以来、相談者は百五十四人に上り、新型コロナウイルス禍での交友関係や就活への悩みなど内容も多岐にわたっている。ニーズの高まりから活動を継続する方針だが、資金難や相談員不足に直面している。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧