本文へ移動

又吉がセ界トップの8ホールドも反省「あぶない球だった」【中日】

2021年4月19日 10時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表、2番手で登板した又吉=18日

7回表、2番手で登板した又吉=18日

 又吉がリーグトップの8ホールド目を挙げた。1点リードの7回2死一塁で先発・小笠原の後を受けて登板。3球で2番・長野を二飛に仕留め、ピンチを切り抜けた。
 ここまで10試合に登板して、失点したのは1試合だけと安定感は抜群。ただ、この日は打ちとったコースが真ん中付近だったことに「あぶない球だった。もう一度しっかり準備をして失投がないようにしたい」と気を引き締めていた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ