本文へ移動

マツコは5年前から「ホンマでっか」辞めたがっていた…明石家さんま、マツコとの新番組で経緯明かす

2021年4月18日 20時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
明石家さんま(左)とマツコ・デラックス

明石家さんま(左)とマツコ・デラックス

 TBSテレビ系の新バラエティー番組「週刊さんまとマツコ」が18日、スタートし、お笑いタレントの明石家さんま(65)が出演。自身がMCを務めるフジテレビ系の「ホンマでっか!?TV」を昨年9月に卒業したマツコ・デラックス(48)について、5年前から番組を辞めたいと語っていたことを明かした。
 「5年前から(辞めると)マツコは言うとったが、残ってくれてた。辞める段にあたって、先にオレに『すみません、辞めさせてもらいます』ということになって…」とまずは楽屋トークで新番組を始める経緯を説明した。
 「そりゃしょうがいないな、前から言っていたもんなという話から(マツコが)『でも、(一緒に)やりたい』ってなって。どっかでなんかやる? という会話から…」。その後に他局のTBSで新番組の企画が持ち上がったという。
 マツコは「ホンマでっか!?TV」に番組が始まった2009年からレギュラーとして出演していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ