本文へ移動

前日コースレコードタイ出したアマの高3竹田麗央は4位 最終日は73でスコア落とし悔しさも【女子ゴルフ】

2021年4月18日 17時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
最終日、ベストアマチュア賞を受賞し記念撮影する竹田麗央

最終日、ベストアマチュア賞を受賞し記念撮影する竹田麗央

◇18日 ゴルフ・KKT杯バンテリンレディスオープン最終日(熊本県菊陽町・熊本空港CC)
 2打差4位からスタートした山下美夢有(19)=加賀電子=が強風の中7バーディー、1ボギーのベストスコア66をマーク。大会新記録の通算14アンダーまで伸ばして逆転でツアー初優勝を飾った。5打差の9アンダー2位に小祝さくら(23)=ニトリ=と古江彩佳(20)=富士通=が入り、アマチュアの竹田麗央(りお)=熊本国府高3年=は7アンダー4位。3週連続Vを狙った稲見萌寧(21)=都築電気=は4アンダー11位だった。
    ◇    ◇
 前日大会コースレコードタイの65をマークして周囲をざわつかせた高校3年生・竹田麗央は3バーディー、4ボギー73の最終日に。「セカンドの距離感が合わず、パーも拾えなかった。60台のスコアを目標にしてたけど…。昨日65を出せたことは自信になりましたが、強い風への対応、最終日にスコアを伸ばせるように、というのが課題」と竹田。次戦は5月の九州女子アマになる予定だが「まず一番苦手なアプローチをもっと練習したいと思います」と、悔しさもかみしめながら語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ