本文へ移動

【DeNA】ソト今季1号&オースティンが同点打も引き分け…連敗脱出ならず

2021年4月18日 16時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回裏2死三塁、オースティンが三塁に同点打を放つ

8回裏2死三塁、オースティンが三塁に同点打を放つ

◇18日 DeNA2ー2巨人(横浜)
 DeNAのネフタリ・ソト外野手(32)とタイラー・オースティン外野手(29)が意地をみせた。
 2点を追う7回1死、ソトが巨人・今村から左翼ポール際に今季1号ソロを放ち、1点差に迫った。「打ったのはフォークです。低めの球でしたが、うまく捉えることができました。次の打席も自分のスイングができるように頑張ります」とソトは話した。
 さらに8回2死三塁で、オースティンが三塁内野安打を放って同点に追いついた。連敗脱出へ両外国人が頑張ったが、同点のまま9回規定により引き分け。残念ながら連敗脱出とはならなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ