本文へ移動

ダンシングプリンスが1番人気に応え逃げ切りV 宮田師「交流重賞や芝のレースも考えたい」【京葉S】

2021年4月18日 16時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇18日 中山10R・京葉S(4歳以上・リステッド・ダート1200メートル)
 圧倒的な1番人気に支持されたダンシングプリンス(牡5歳、美浦・宮田)が、二の脚を利かせてハナを奪い、直線も勢いは衰えず逃げ切りVを決めた。三浦は「今回は牧場から厩舎にかけて、いい流れで来て出走できたので、心配なく競馬ができた」と関係者に感謝。宮田師は「前走は少しトモが緩かったけど、今回は2つくらい上がっている感じで良かった。今後は交流重賞や芝のレースも含めて考えていきたい」と芝のスプリント路線も視野に入れる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ