本文へ移動

<ウオッチひだ> 若者呼び地域に活力を 四年制大学、飛騨市で設立準備

2021年4月18日 05時00分 (4月18日 11時41分更新)
飛騨高山大の本部キャンパスの予定地=飛騨市古川町で

飛騨高山大の本部キャンパスの予定地=飛騨市古川町で

  • 飛騨高山大の本部キャンパスの予定地=飛騨市古川町で
  • 大学設立に向けて奮闘する井上代表理事=高山市江名子町で
 飛騨市古川町で開学する計画が昨年六月に明らかになった、飛騨地域初の四年制大学「飛騨高山大学」(仮称)。本部キャンパスの設置予定地として、本年度中に、同町内の旧北陸電気古川工場跡地を取得する予定だ。少子高齢化の時代にあえて挑戦する、人口減少地域での大学設置に向け、関係者らが懸命に準備を進めている。(瀬田貴嗣)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報