本文へ移動

鈴木選手がハットトリック 松本山雅、3失点挽回しドロー

2021年4月18日 05時00分 (4月18日 05時00分更新)
松本−甲府 後半、3点目のゴールを決めハットトリックを達成する鈴木選手(左)=松本市のサンプロアルウィンで

松本−甲府 後半、3点目のゴールを決めハットトリックを達成する鈴木選手(左)=松本市のサンプロアルウィンで

 サッカーJ2松本山雅FCは第八節の十七日、松本市のサンプロアルウィンでヴァンフォーレ甲府と対戦し、3−3で引き分けた。
 山雅は一勝四分け三敗の勝ち点7で、順位は十九位に上げた。前半に3失点したが、FW鈴木国友選手のハットトリックで引き分けへ持ち込んだ。
 山雅は前節から先発を二人入れ替え、3バックで臨んだ。立ち上がりに鈴木選手のゴールで先制するも、前半だけで3点を失った。苦しい展開となったが、後半に鈴木選手が2得点して勝ち点1をもぎ取った。
 次節は二十一日、松山市のニンジニアスタジアムで愛媛FCと戦う。

FW鈴木選手がハットトリック

 小雨が降りしきるなか1−3のスコアに沈んでいたスタジアムは、徐々に盛り上がりを取り戻していった。前半に3点を失い、後半立ち上がりも劣勢だった松本山雅。後半19分、クロスからのこぼれ球をFW鈴木国友選手がゴール右上に決めて反撃ののろしを上げると、同37分にも「抜けた瞬間キーパーが来るのは分かっていた」と、相手GKを抜いて同点ゴール。ハットトリックでチームに勝ち点をもたらした。
 ただ、それも手放しでは喜べない試合だった。1−4で敗れた前節ジュビロ磐田戦では、クロ...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報