本文へ移動

キッチンカー、19日から福井市中央公園に出店

2021年4月18日 05時00分 (4月18日 05時00分更新)
19日に始まる「ふくいキッチンカーLUNCH」をアピールする佐々木会長(左)と奥田店長=福井市中央公園で

19日に始まる「ふくいキッチンカーLUNCH」をアピールする佐々木会長(左)と奥田店長=福井市中央公園で

 県キッチンカー協会が、県都の中心部で新しいランチスタイルを発信する。十九日からの平日に福井市中央公園にキッチンカーを並べ、自慢のメニューを販売。五月上旬からは販売場所を、JR福井駅西口のハピテラスを含めた二カ所に増やす。市民に気軽にテークアウトを楽しんでもらい、新型コロナウイルス禍で打撃を受けた飲食業界の起爆剤ともなる一石二鳥の作戦だ。
 「ふくいキッチンカーLUNCH」と銘打ち、午前十一時〜午後三時に営業。当面は協会加盟の二十二事業者のうち七事業者が、一日三台の枠の中で交代で出店する。ターゲットは周囲のオフィスや官公庁で働く人たち。唐揚げ丼やカレー、プルコギ丼、焼き鳥重などボリューミーなメニューがそろう。出店希望者や販売状況などを取りまとめ、五月のゴールデンウイーク明けからハピテラスにも出店する計画。出店者などの情報はホームページや会員制交流サイト(SNS)で発信していく。
 市中央公園では、昨年七月から「FOOD TRUCK U.S.A EAT ME」が平日を中心に出店している。店長の奥田貴章さん(39)は「出店者が増えることで相乗効果が期待できる」と新たな展開を歓迎。看板メニューは...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

福井の新着

記事一覧