本文へ移動

『鬼滅の刃』完結でネタバレに恐怖するネット民続出!? 茂木健一郎氏「やめてくれ~という感じが、さすが人気作品」

2020年5月18日 11時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
茂木健一郎氏

茂木健一郎氏

 週刊少年ジャンプで連載されていた吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)による大人気マンガ「鬼滅の刃」(集英社)が18日発売の24号で最終回を迎えた。18日の早朝からSNSのトレンドには「鬼滅ロス」「最終回」など関連ワードがいくつも並ぶなど、その人気がうかがえた。
 脳科学者の茂木健一郎氏(57)は同日、ブログを更新すると冒頭で「鬼滅の刃」完結に触れ、「単行本で読んでいらっしゃる方々が、ツイッターのTL(タイムライン)に最終回のネタバレが出ているとか言って、やめてくれ~という感じが、さすが人気作品だなあと思う」と記して本題に入るなど、反響は大きかった。ツイッターでは指定した言葉が自分に届かない機能を使ってネタバレを回避しようとするファンがちらほらあった。
 同作品は大正時代を舞台に、鬼に家族を殺された炭治郎が生き残るも鬼になってしまった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すため、鬼を倒すために、ともに旅に出るストーリー。2016年に連載が開始され、19年4月にアニメ化、映像の美しさや人気歌手のLiSA(32)が歌う主題歌など複合的に人気が上昇し、最新刊を含め、累計発行部数は6000万部を突破した。その人気は芸能界にも広まり、多くの著名人が知る作品となった。最新刊となる単行本第20巻が発売された13日には全国の売り場に購入者が殺到したことでも話題になっていた。
 今後、同作品のスピンオフが掲載予定。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の公開も10月16日に控えている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ