本文へ移動

21歳誕生日の吉田優利 スコア66、1打差2位にご機嫌「思い出になります」最終日に意欲【女子ゴルフ】

2021年4月17日 19時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
第2日、2番でティーショットを放つ吉田優利

第2日、2番でティーショットを放つ吉田優利

◇17日 ゴルフ・KKT杯バンテリンレディスオープン第2日(熊本県菊陽町・熊本空港CC)
 2000年生まれのミレニアム世代の1人、吉田優利(エプソン)は17日が21歳の誕生日。後半のインコースで5バーディーを奪うなどで66のゴルフを見せて首位と1打差の2位につけ、自身を祝った。
 「プロになってから毎日充実していて、誕生日も忘れるぐらい。でもいいラウンドができて思い出になります」。2018年日本女子アマ覇者だが、昨夏のツアーデビューからこれまでのベストフィニッシュは3月の明治安田生命レディスでの12位。もちろん最終日最終組でのプレーは初体験だ。自身のシーズン目標「シード権獲得と優勝」を一気にかなえる最終日となるかどうか。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ