本文へ移動

羽生結弦「最終目標」の4回転半ジャンプ 国内で初披露 6度転倒も拍手【フィギュア世界国別対抗】

2021年4月17日 17時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エキシビションへ向けた練習で4回転半ジャンプに挑戦して転倒した羽生結弦(代表撮影)

エキシビションへ向けた練習で4回転半ジャンプに挑戦して転倒した羽生結弦(代表撮影)

◇17日 フィギュアスケート世界国別対抗戦(大阪・丸善インテックアリーナ大阪)
 今大会の男子SP2位、同フリー2位の羽生結弦(26)=ANA=は18日のエキシビションに備える公式練習で、世界初の成功を目指すクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑戦する姿を国内で初めて披露した。6度転倒し、着氷はできなかったが、歴史的な瞬間を見ようと見守った観客から温かい拍手が送られた。
 3月の世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)のエキシビションで使った東日本復興支援曲「花は咲く」を早々に流し、残り時間の大半は4回転半の練習に割いた。これまで一度も成功はなく「最終目標はオリンピックの金メダルではなく、4回転半を成功させること」と話す羽生の“悲願成就”は五輪シーズンの来季へ持ち越しとなった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ