本文へ移動

【FC東京】今季初の連敗…長谷川監督「福岡に執念で上回られた。勝負に対する気持ちの差」

2021年4月17日 17時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京・長谷川健太監督

FC東京・長谷川健太監督

◇17日 J1第10節 福岡1―0FC東京(ベスト電器スタジアム)
 FC東京が今季初の連敗で3敗目(4勝3分け)を喫した。勝ち点は15のまま。福岡は3月17日の鹿島戦以来6試合ぶりとなる今季3勝目(4分け4敗)で、同13とした。東京は名古屋戦のスコアレスドローに続く今季2度目の無得点で、完封負けは初めて。
 前半16分にはディエゴオリベイラのシュートがポストに当たり、同40分にもディエゴオリベイラの強烈なボレーシュートを相手GKにとめられるなど、好機はあった。長谷川健太監督は「結果的に福岡の方がハードワークしたというか、気持ちを出して、勝負に対しての執念で上回られた。(福岡はシュートを)執念で押し込んだ。勝負に対する気持ちの差」と振り返った。
 21日にはルヴァン杯1次リーグの大分戦、24日にはリーグ戦の鳥栖戦、28日にはルヴァン杯の徳島戦、5月1日にはリーグ戦の横浜M戦と、息つく間もなく試合が続く。指揮官は「今日できなかったことを洗い出し、次の試合に向け、しっかり準備をしていきたい」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ