本文へ移動

【日本ハム】中田翔が田中将を粉砕!!2発3打点のお目覚めに「いろいろあって目が腫れていたんですけど…」と自虐コメント

2021年4月17日 16時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
お目覚めの中田翔

お目覚めの中田翔

◇17日 日本ハム4ー1楽天(東京ドーム)
 この瞬間を待っていた。日本ハム・中田翔内野手(31)が待望の今季1号を放った。初回2死一塁。対峙したのが8年ぶりの日本復帰登板となった楽天・田中将だけに、自然と気合は入っただろう。
 カウント1ボール2ストライク。追い込まれていながらも田中将のやや外寄りの154キロ速球にバットが反応した。フルスイングで放った打球は左中間席へ。打たれた田中将もその瞬間、下を向く完璧な一撃だった。価値ある先制1号2ラン。中田が悠々とダイヤモンドを一周した。6回には牧田から2号を放つなどいよいよエンジン全開。試合後にはエースの上沢とともにお立ち台にも上がった。
 
 中田は田中将からの一発に関して「ぶつかっていくだけだと思っていたので、打てて良かった。こんなしょうもない4番をファンの皆さんが応援してくれていたので、その気持ちがボールに乗り移ってくれたと思う」とファンに感謝。さらに「いろいろあって目が腫れていたんですけど、今日、腫れがひいてからヒーローになれたので良かったです」と、しっかり笑いを取ることも忘れなかった。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ