本文へ移動

【中日】連敗4でストップ!柳裕也8回14Kの力投で今季初白星、根尾タイムリーで貴重な追加点

2021年4月17日 16時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島戦に先発した柳

広島戦に先発した柳

  • 広島戦に先発した柳
  • 7回裏1死満塁、根尾が右前2点打を放ち、ガッツポーズする
◇17日 中日5―0広島(バンテリンドームナゴヤ)
 中日は今季ワーストの連敗を4で止めた。
 連敗中は遠かった先制点をもたらしたのは、福留だった。竜のユニホーム姿では2007年7月15日以来、実に5025日ぶりに「3番・右翼」でスタメン出場。4回1死二塁、広島の先発・九里のカーブを捉え、右翼線へ適時二塁打。ベース上で力強く左拳を突き上げた。
 球界最年長の背番号9に続いたのは、若武者の根尾だ。「8番・左翼」で先発出場し、7回1死満塁で迎えた第3打席で、初球攻撃の右前2点適時打を放ち、試合を決めた。
 先発・柳は8イニング6安打無失点。カットボールとスライダーを軸に自己最多の14奪三振。待望の今季初白星を手にした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ