本文へ移動

【中日】根尾昂2点タイムリー!勝負強さ発揮 若竜のバットから8回貴重な追加点

2021年4月17日 16時16分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回裏1死満塁、根尾が右前2点打を放つ

7回裏1死満塁、根尾が右前2点打を放つ

 ◇17日 中日―広島(バンテリンドームナゴヤ)
 中日の根尾昂内野手(20)が1―0の7回に2点適時打。4連敗脱出へ向け、貴重な追加点を呼び込んだ。
 若竜が価値ある中押しの一打だ。根尾は「8番・左翼」で先発出場し、7回1死満塁で第3打席へ。広島・九里に対し、1ストライクから低めの127キロの変化球を振り抜き、右前に運んだ。
 第1打席は変化球を引っ張ったが二ゴロ、第2打席では遊ゴロ併殺。試合前まで打率1割4分3厘(42打数6安打)と苦しんでいたが、終盤のチャンスで勝負強さを発揮した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ