本文へ移動

【中日】3戦ぶりスタメン福留孝介が先制二塁打!連敗脱出へ大ベテランが勝負強さ発揮

2021年4月17日 15時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏1死二塁、福留が先制の右翼線二塁打を放つ

4回裏1死二塁、福留が先制の右翼線二塁打を放つ

 ◇17日 中日―広島(バンテリンドームナゴヤ)
 3戦ぶりにスタメン出場した中日の福留孝介外野手(43)が第2打席で先制適時二塁打を放った。
 「3番・右翼」で先発出場。大島の安打と京田の犠打で広げた4回1死二塁のチャンスだった。カウント2ボール1ストライク。広島・九里の118キロのカーブを右翼線へ引っ張った。二塁走者の大島の生還を確認すると、二塁上で拳を突き上げた。
 中日での「3番・右翼」での出場は2007年7月15日の阪神戦(甲子園)以来。中軸に座ったベテランが勝負強さを発揮し、連敗脱出へ貴重な先制点を呼び込んだ。
 ▼先制二塁打の福留
 「(打った球は)カーブ。柳が頑張っているし、チャンスをつくってくれたので何とかしたかった。いいところに飛んでくれました」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ