本文へ移動

異変?余裕?フリーへ向け調整の女子SP1位シェルバコワ、曲の途中で姿消す【フィギュア国別対抗戦】

2021年4月17日 13時23分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アンナ・シェルバコワ

アンナ・シェルバコワ

◇17日 フィギュアスケート・世界国別対抗戦 女子シングル公式練習(丸善インテックアリーナ大阪)
 ロシアの2人は驚きの最終調整を見せた。ショートプログラム(SP)1位のアンナ・シェルバコワは、フリー曲をかけた練習で、最後の3回転ルッツを跳び終えると、その流れでリンクサイドへ消えた。曲が流れている途中にアクシデントがあったのか、関係者と小走りで姿を消す“珍事”だった。一方、SP2位のエリザベータ・トゥクタミシェワは自身の曲が流れているときに既に姿がなく、余裕たっぷりの調整ぶりだった。
 11番滑走のトゥクタミシェワは午後6時24分、最終滑走のシェルバコワは午後6時32分に登場する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ