本文へ移動

豊山中に善意の楽器を 町が「寄付ふるさと納税」開始

2021年4月17日 05時00分 (4月17日 12時17分更新)
寄贈されたトランペットを手に笑顔を見せる豊山中吹奏楽部員ら=豊山町豊場の豊山中で

寄贈されたトランペットを手に笑顔を見せる豊山中吹奏楽部員ら=豊山町豊場の豊山中で

  • 寄贈されたトランペットを手に笑顔を見せる豊山中吹奏楽部員ら=豊山町豊場の豊山中で
  • 代々の吹奏楽部員が使用し、へこみが目立つチューバ=豊山町豊場の豊山中で
 豊山町は全国から不用になった楽器を募り、必要としている小中学校などに寄贈することで楽器査定額の税金控除を受けられる「楽器寄付ふるさと納税」を始めた。県内では日進、豊橋市に次いで三例目。同町では学校への寄贈に加え、町立のウインドオーケストラ設立に向けても楽器を募っている。 (小林大晃)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報