本文へ移動

<新疆で何が> (下)宣伝攻勢

2021年4月17日 05時00分 (4月17日 05時01分更新)
マレーシア・クアラルンプールで2015年10月に撮影したアブドレイムさん一家の写真。この2カ月後から家族は離れ離れになった=アブドレイムさん提供

マレーシア・クアラルンプールで2015年10月に撮影したアブドレイムさん一家の写真。この2カ月後から家族は離れ離れになった=アブドレイムさん提供

  • マレーシア・クアラルンプールで2015年10月に撮影したアブドレイムさん一家の写真。この2カ月後から家族は離れ離れになった=アブドレイムさん提供
 「当局のプロパガンダ(宣伝)だ。家族を引き裂くだけでも残酷なのに…」
 オーストラリアに住むウイグル族のマムトジャン・アブドレイムさんは三月下旬、中国国営の中国国際テレビ(CGTN)に映った長女(10)の姿にくぎ付けとなった。中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区カシュガルにいる家族とは五年以上も会っていない。
 しかし、すぐに怒りがこみ上げてきた。長女は、祖父母と幸せに暮らしているとして「カシュガルにいたい」と硬い表情で語った。アブドレイムさんが一方的に家族と連絡を絶ったとされ、高齢の父が「帰ってこい」と呼び掛ける場面もあった。アブドレイムさんは「連絡してもつながらない。CGTNがウソを強いたのは明らかだ」と憤る。
 この報道は米CNNテレビなどの取材に応えたことに対する当局の圧力とみる。実はこの十日ほど前、CNNもアブドレイムさんの許可を得て実家を取材していた。この時、長女は「ママもパパもいない。会いたい」と涙を流した。
 アブドレイムさんによると、マレーシアで暮らしていた二〇一五年十二月、妻はパスポート更新のため子ども二人と一時帰国した。だが当局は必要書類を没収して再出国させなかった。妻...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報