本文へ移動

「ストリートピアノ」提供 湖西市の龍谷寺

2021年4月17日 05時00分 (4月17日 05時00分更新)
本堂の入口近くに設置されたストリートピアノを弾く子どもら=湖西市新居町の龍谷寺で

本堂の入口近くに設置されたストリートピアノを弾く子どもら=湖西市新居町の龍谷寺で

 湖西市新居町の龍谷寺で、立ち寄った人が誰でも弾ける「ストリートピアノ」を提供している。谷和憲住職(55)は「気軽に練習用として活用してもらい、地域の活性化につながれば」と期待している。 (桜井祐二)
 龍谷寺の本堂には、約二十年前から境内コンサートなどで使われるアップライトのピアノが、奥に設置されていた。ストリートピアノとして活用してもらおうと、二カ月前に入り口近くに移動し、誰でも弾けるようにした。
 ピアノには、連弾もできるように椅子二脚を設置し、演奏する姿が撮影ができる位置に三脚も設けた。
 谷住職によると、近くの新居中学校の生徒が、学校帰りに立ち寄って練習に励んだり、境内で野外活動した子どもたちが、交代で演奏を楽しんだりする姿を見かけるという。
 野外活動で訪れ、ピアノに向かった新見康二朗さん(18)=浜松市西区=は「お寺でピアノを弾くのは不思議な感じだけど面白い」と笑顔を見せた。
 谷住職は「演奏動画を撮影し、『#龍谷寺で弾いてみた』を付けて、会員制交流サイト(SNS)に投稿してもらい、話題になるといい」と願っている。

関連キーワード

おすすめ情報