本文へ移動

紀平梨花は昨季のフリー曲で余裕の滑りを披露 3回転半は当日の状態次第【フィギュア国別対抗戦】

2021年4月16日 16時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
公式練習で調整する紀平梨花=丸善インテックアリーナ大阪(代表撮影)

公式練習で調整する紀平梨花=丸善インテックアリーナ大阪(代表撮影)

◇16日 フィギュアスケート・世界国別対抗戦 女子シングル公式練習(丸善インテックアリーナ大阪)
 前日のショートプログラム(SP)はトリプルアクセル(3回転半)で転倒し4位だった紀平梨花(18)=トヨタ自動車=は3回転半を一度も跳ばず、軽めの調整で終えた。
 今週に入って腰を痛めた紀平は、SPの前日までに昨年の全日本選手権で初めて成功させた4回転サルコーの回避を決断。3回転半は当日の状態を見て跳ぶと決めた。
 フリーの曲は3月の世界選手権から変更し、昨季まで使っていた「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」を選んだ。この日、音楽を流した練習では慣れ親しんでいるのか、余裕を感じさせる滑りを披露。3回転半の投入は、SPと同様に当日の状態を見てから決めるとみられる。女子のフリーは17日に行われる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ